小さな子に基礎的な英語を教える方法

子供に早いうちから英語を教えておくべきか、迷っているご両親もいることでしょう。しかし小学校で既に英語を習うようになると、小学生からでも本当は十分なのです。もし小学校に入る前に、基礎的な英語を身につけさせたいのであれば、英語を使う幼稚園に入れるという方法もあります。またそうでなくても、たとえばごく簡単な英語で書かれた絵本などを与えて、アルファベットに慣れさせておくのもいいでしょう。子供は結構順応性が高いですから、何度も目を通しているうちに、自然にアルファベットそのもの、あるいは何が書かれているかを理解するようになって行きます。時にはお父さんやお母さんが一緒に本を読んで、何が書いてあるのかをざっと説明してあげるといいでしょう。それから英語も大事ですが、日本語ももちろん大事です。ですから同じテーマの童話などで、英語の物と日本語の物を一緒に買い与え、2つを読み比べることによって、英語での表現力を早いうちから身につけさせることもできます。