外国語の翻訳の需要について

ビジネス英語レッスンを長く受けていたので、外国語の翻訳の作業をしたことがあるのですが、外国語の翻訳の仕事は、最近では、新興国の国の言語などの需要も増えているといえるでしょう。
たとえば、アジアの諸国の言語の仕事などもありますので、これらが出来る人材は少ないので、有利になるといえます。こういったアジアの諸国でも特に韓国語や、中国語、そしてベトナム語やミャンマー語などがあります。
今後アジアの国々はさらに発展していくと考えられますので、今後もこういった国の言語の需要は増え続けていくと思います。このため、今後勉強していくならば、こういった新興国の言語もチェックしてみるのも良いでしょう。
しかし、今の外国語の翻訳の仕事は、やはり英語の仕事は一番多くなっています。特に、英日翻訳は競争率は激しいですが、日英翻訳の方が出来る人材が少ないということもあり、日英翻訳が得意な方はフリーランスでも活躍しやすいといえるでしょう。
つまり、今後は、英語が出来る事はもちろんですが、それプラスで、中国語や新興国の言語などを翻訳することが出来る人材が求められるといえます。
また、外国語の翻訳の仕事は文芸方面の仕事のイメージが大きいですが、最も多いのが、ビジネス翻訳となっています。
ビジネス文書の翻訳などの仕事がほとんどになりますので、一定の専門知識があることが求められます。
特に専門性が高くなればなるほど、報酬も高くなりますので、こういった専門的な翻訳が出来れば、それだけ翻訳家として、稼げることになります。たとえば、医療翻訳や特許翻訳は出来る人材が少なく需要が多くなっています。このため、翻訳家としてよりいっそう活躍をめざすのであれば、こういった専門知識が必要な翻訳をする事が必要となります。
翻訳の仕事は、このように、色んな仕事がありますが、簡単な翻訳が出来るだけでも、最近では、在宅でお小遣い稼ぎをする事が出来るので、翻訳家といってもプロの翻訳家から、趣味の翻訳をしている方までいると思います。